【ABCマウス】1年以上続けてきて感動した豊富なデジタル絵本

ニューヨーク駐在・英語

ネイティブも使っている英語学習教材「ABCmouse」。1年以上続けてきて子供がある程度フォニックスを理解してきたときに役立つと感動したのが豊富なデジタル絵本でした!ディズニーやピクサーの絵本もあり、読み上げてくれるものも多いので、親子の英語時間におすすめです。

ABCマウスとは

早期英語教育の専門家がカリキュラムを設計していて、「ステップ・バイ・ステップ学習コース」という段階的な学習カリキュラムに沿って正しい順序で英語を身につけることができます。英語が母国語のアメリカでも選ばれている教材で、アメリカのApp Storeの「子ども向け」と「教育」の両部門で No.1を獲得しています。

オンライン教材なので、パソコン、スマホ、タブレットなどで好きな時に自分のペースで学習することができます。ゲーム、絵本、音楽、パズルなど、子どもが夢中になる5,000以上のアクティビティを通して楽しみながら英語に慣れ親しんでいきます。

おすすめアクティビティ「Library(としょかん)」

今回ご紹介するのはABCマウスの中のアクティビティの1つ「Library(としょかん)」です。簡単なものから難しいものまでたくさんのデジタル絵本を読むことができます。中には読み上げ機能がついているものもあり、とっても充実しています!

「Library(としょかん)」への行き方

「Library(としょかん)」への行き方は2つ。1つはホーム画面の青色タブ「Map(ちず)」から地図の中のLibraryを選択する方法、もう1つはホーム画面の緑タブ「Classroom(クラスルーム)」からLibraryを選択する方法です。

2つ目の方法では、クラスルームの中の「としょかん」を選択します。ここでは日本語を選択しているので「としょかん」となっていますが、英語を選択すると「Library」となっています。

「Library(としょかん)」の内容

Libraryの中にはずらりと絵本が並んでいます!

Libraryの右上に「Categories」というタブがあります。

そちらをクリックすると、「Disney」「PIXAR」「MARVEL」や絵本のジャンル別に探すことができます。

こちらはDisneyの中のリトルマーメイドの絵本です。絵本の右上にレベル2と書いてあるので比較的簡単な絵本になります。

中身はこんな感じです。少し英語に馴染んでいる子なら内容は大まかには理解できるレベルです。5歳の娘も知っている単語が出てくるので、何となく理解できたようです。

ディズニーの絵本にはリトルマーメイドのような簡単なものから、大人が読んでもいいような長文のものまであります。有名なお話が多いのでとても楽しいですよ!

英語に慣れ始めの子供向けには「Beginning Readers」のカテゴリーに入っている絵本がおすすめです。

ディズニー絵本は少ないですが、日常生活に関するものや、基本的な言い回しに関するものなど種類が豊富で、内容もとってもわかりやすいものばかりです。こちらのカテゴリーの絵本は読み上げてくれるものが多いのも特徴です。ネイティブの発音で絵本を読めるのがいいですね!

内容は例えばこんな感じです。基本的な質問と答えが繰り返し載っているので、子供も言い回しを覚えやすいです。

こんな感じの絵本もあります。まず質問が来て…

次のページで答えが出てきます。この形式だと、質問のところで一時停止して、子供が答える練習をすることもできます!読み上げたところにはマーカーが引かれるので、子供自身もどの単語を読んでいるか理解できるのもいいですね。

文字も大きくて読みやすく、使っている単語も簡単なので、子供のReadingの練習にもとても役立ちます。

その他にも「Animals & Plants」では様々な動物についての絵本がありますし、

「The World of Work」のカテゴリーを選択すると、様々な職業についての書いている絵本があります。

職業についての絵本では、子供でも理解できる簡単な内容で仕事が紹介されています。

いろんな側面からアプローチした絵本がたくさん揃えられているABCマウスのLibrary。子供の英語習得のツールの1つとしてとってもおすすめです!

料金もリーズナブルですし初月は無料で試せるので、ぜひ一度覗いてみてください。

ABCマウスの全般的な内容は以下にご紹介しています。リーズナブルで充実した内容をゲーム感覚で楽しめて、本当におすすめの教材です!

簡単目のディズニー英語絵本をお探しの方には、娘が気に入っているStep into Readingシリーズもおすすめです。単語を少しずつ読めるようになるのが楽しいそうです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました