【CVS会員カード】ニューヨークの薬局で会員カードを作りました

ニューヨーク

ニューヨークでよく見かける薬局CVSの会員カードを作ってみました。受けられる特典や会費、作った際のことについて書いています。

CVS

ニューヨークのマンハッタンでよく見かける薬局CVS。日本の薬局のように、日用品・医薬品・お菓子・ちょっとしたおもちゃや文房具が売られていて、調剤薬局も入っています。

アメリカでは薬局でインフルエンザやコロナのワクチン接種を受けることもでき、CVSでもワクチン接種を行っています。また、薬局内にクリニックがあるところもあります。

BUY1, GET 1 50% off?

我が家も時々CVSを利用するのですが、その際よく「buy 1, get 1 50% off」というタグが貼ってある商品を見かけます。縦に、

buy 1
get 1
50% off

と書かれていたので、よくみる「buy1, get1(1つ買うと1つ無料)」で結果「50% off」になるよという意味だと思ったのですが、2つ目が半額で買えるということですね。

一度「お得!」と思って商品を2つレジに持って行ったのですが割引されなかったので店員さんに聞いたところ、CVSの会員の特典だとのことでした。

今回買いたい商品がまた「buy 1, get 1 50% off」の対象商品だったので、CVSのカードを作ってみることにしました。

会員特典

CVSのカードは会費がかかります。月額5ドル、一年一括だと48ドルです。

初月は会費は無料で10ドル分のお買い物券がもらえます。2ヶ月目から会費がかかりますが、カードを持っているといくつか特典が受けられます。

1つ目は、CVSのプライベートブランドの商品20%オフの特典です。CVSではマツモトキヨシのように日用品のプライベートブランドがありますので、それらをよく購入する場合はお得ですね。

また、最初に書いたように、よく1つ買うと2つ目は50%オフというセールをしているので、そういったものはお得に買うことができます。他にも2つ買うと5ドルオフのクーポンが出るというような商品があることもあります。

さらに住所をなどを登録すると、オンラインショッピングの配送料無料、買い物は2%割引の特典もあります。

日本の薬局のカードで年会費がかかるものがなかったのでお得なのか検討がつかないのですが、上記の特典を鑑みて、月5ドル払う価値があるのか見極める必要がありますね。

追記:使っているうちにさらに特典がある事がわかりました。毎週クーポンがたくさん出ていて、その中で自分が使うクーポンを登録することで特典が受けられます。例えば、2ドルオフ、オムツを買うと3ドルオフなどです。

色々な種類が出ていてかなりお得になるので、月5ドルの価値は十分にありそうです!

カードの作り方

カウンターでCVSのカードを作りたい旨を伝えると、その場で作ってもらうことができます。

作る際には、名前・電話番号・メールアドレスを記入し、パネル操作で確認作業をします。会員特典のための会費を払う場合はカード情報を登録して、そこから会費が引かれるシステムです。

会員カードはコンパクトで財布にも入れておきやすいサイズです。ニューヨークではこのコンパクトサイズのカードが結構あって、小さいのでとても助かります。

最後に解約する場合の問い合わせ先を教えてもらい完了でした。初月は無料で10ドル分のお買い物券がついてくるのでお得ですね!継続については購入状況を見て考えたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました